クレジットカード現金化の危険性

クレジットカード現金化の案内
クレジットカード現金化の案内

ガソリンカードなとでクレジットカードのショッピング枠現金化を行う方法を聞くことがあります。その際、クレジットカードのショッピング枠を利用するわけですが、計画的に利用しないと損をしてしまうことがあります。一般的にキャッシング枠より利率が低いショッピング枠ですが、カードによって一括払い、分割払い、リボ払いから選ぶことができます。当然、一括払いが一番安くて済みますが、返済をリボ払いにすると利子が多くつくことになります。

またよくある方法として、クレジットカードのショッピング枠現金化業者を利用して、金券や家電、高級ブランド品、などを買う方法があります。そして、買取屋といわれる、これらのモノを買い取ってくれる業者に買ってもらい換金するのです。しかし、利用した業者が悪徳業者だった場合、この時点で、買ったときよりかなり安い値段で買い取られてしまいます。商品代の60%ならまだ良い方で、50%以下なんていう超悪徳業者も存在するのです。現金化して手元にお金が入ると、一時的に得したように感じるかもしれませんが、決してそうではありません。しかも、このことがカード会社に知れることになれば取消処分となる可能性もあり、最悪の場合、カードが使えなくなる可能性があるのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化を上手く利用するには、こうした危険性を避ける必要があります。こうしたリスクと時間をしっかりと吟味して、クレジットカード現金化を利用しましょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカードショッピング枠現金化をご存知ですか。一番有名な方法としては、クレジットカードショッピング枠で金券などを購入し、金券ショップなどに売却、お金をゲットするという方法です。この方法では、安全に現金化するためには、おすすめの方法、攻略法があります。それは、1円でも高く買い取ってくれるショップを見つけること。最低でも9割程度のキャッシュバックが得られるようにする必要があります。もちろん、カードの支払いは全額自己負担となりますから、無理な金額を現金化するのはやめましょう。あくまでもお金を借りるための方策として、計画的に行なう必要があります。いわばキャッシングの「裏技」ともいえる方法ですが、法に触れているわけではありません。自己責任で行なう分には問題ないので、急にお金が必要になった場合にのみ活用しましょう。