クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みは複雑ではありません。インターネットで現金化をしてもらうか場合、現金化業者の多くがビー玉やアクセサリーなどを利用者にカード決済で購入してもらい、購入してもらった特典として購入金額に応じた金額を利用者へ振込むという形を取っていました。これをキャッシュバック型といいますが、平成24年以降は、キャッシュバック型現金化は違法行為となりました。

そのため、最近では商品買取型と呼ばれる方式が主流です。これは店舗型の現金かショップに多く、購入した商品を、別のお店で換金して現金にするのが基本ですが、インターネット上で完結するようになっています。

商品の購入代金はリボ払いや分割払い、一括払いでクレジットカード会社へ支払うだけではじめにかかる料金以外、現金化業者に対する支払いは一切発生することはありません。

現金かの場合、ショッピング枠を利用するため、通常のお買い物扱いとなります。したがって、信用情報機関に記録が残ることは無く、キャッシングのご利用や消費者金融のお借入れのように信用情報機関に登録されませんので、安心して利用することができます。この点においては、住宅ローンやその他大型のローンを組むときに不利になることがありませんので、キャッシングではなく現金化を選ぶ人が一定数いるのです。

クレジットカード現金化の選び方

クレジットカード現金化 選び方

クレジットカード現金化の選び方です。クレジットカードのショッピング枠現金化業者をインターネット上で選ぶ時には、業者の口コミ、還元率、スピード、接客態度、土日祝日営業、15時以降の振込がOKか、キャンペーン中かなどその時の状況に応じて、調べてから申し込みするとよいでしょう。

この中で特に注意すべきなのは、還元率です。クレジットカード現金化業者の還元率は、申込み金額によって異なりますが、申し込む業者によっても異なります。一般的に還元率は70〜90%位だと考えておくとよいです。

業者のホームページでは最大還元率が大きくPRされていますが、実際は申し込み金額に対しての還元率になります。また決済代行会社への手数料が別にかかる可能性かかる場合がありますので、実際に支払われる金額によるので確認しておきましょう。

振り込まれるまでのスピードも重要です。たとえば即日現金化したくて、午前中に申し込んだのに、対応の遅い業者の場合、午後3時になっても振り込まれてないといったトラブルが起こることがあります。申し込んでから振込まれるまでの時間もチェックしておくことが必要です。

接客態度は、サービス内容に比例することが多いです。したがって、スタッフと連絡を取る時に言葉遣いが悪かったり、振込金額が分からないと言った場合、その現金化業者を利用することはあまりおすすめしません。

クレジットカード現金化の危険性

クレジットカード現金化の案内
クレジットカード現金化の案内

ガソリンカードなとでクレジットカードのショッピング枠現金化を行う方法を聞くことがあります。その際、クレジットカードのショッピング枠を利用するわけですが、計画的に利用しないと損をしてしまうことがあります。一般的にキャッシング枠より利率が低いショッピング枠ですが、カードによって一括払い、分割払い、リボ払いから選ぶことができます。当然、一括払いが一番安くて済みますが、返済をリボ払いにすると利子が多くつくことになります。

またよくある方法として、クレジットカードのショッピング枠現金化業者を利用して、金券や家電、高級ブランド品、などを買う方法があります。そして、買取屋といわれる、これらのモノを買い取ってくれる業者に買ってもらい換金するのです。しかし、利用した業者が悪徳業者だった場合、この時点で、買ったときよりかなり安い値段で買い取られてしまいます。商品代の60%ならまだ良い方で、50%以下なんていう超悪徳業者も存在するのです。現金化して手元にお金が入ると、一時的に得したように感じるかもしれませんが、決してそうではありません。しかも、このことがカード会社に知れることになれば取消処分となる可能性もあり、最悪の場合、カードが使えなくなる可能性があるのです。

クレジットカードのショッピング枠現金化を上手く利用するには、こうした危険性を避ける必要があります。こうしたリスクと時間をしっかりと吟味して、クレジットカード現金化を利用しましょう。

クレジットカード現金化とは

クレジットカードショッピング枠現金化をご存知ですか。一番有名な方法としては、クレジットカードショッピング枠で金券などを購入し、金券ショップなどに売却、お金をゲットするという方法です。この方法では、安全に現金化するためには、おすすめの方法、攻略法があります。それは、1円でも高く買い取ってくれるショップを見つけること。最低でも9割程度のキャッシュバックが得られるようにする必要があります。もちろん、カードの支払いは全額自己負担となりますから、無理な金額を現金化するのはやめましょう。あくまでもお金を借りるための方策として、計画的に行なう必要があります。いわばキャッシングの「裏技」ともいえる方法ですが、法に触れているわけではありません。自己責任で行なう分には問題ないので、急にお金が必要になった場合にのみ活用しましょう。